『ねえ、オーロラって見た事ある?』
『ねえ、オーロラって見た事ある?』
今から9年前にこんな書き出しで、産声を上げたばかりの”オーロマンコート”のことを僕らは書いていた。
それから本当に、オーロラマンコートを来てオーロラを見に行く日が来るとは。
E-18163 オーロラマンコート4.0    ¥78,000-
IMG_6452弊社チーフパタンナー萩原は昨年10月に、アイスランドのオーロラの下でオーロラマンコートを着ていた。極寒の地でもオーラマンコート4.0があれば、オーロラともに時間を過ごせると言い切っていた。
DSCN5571

フルモデルチェンジをした”オーロラマンコート4.0”は、「先進」と「継承」により貴方をさらなる着心地の高みへ連れて行く。

オーロラマンコートは、僕らがその時に持っている全ての力を注いで創るEEL ProductsのOUTERフラッグシップモデルでなければならない。そう、このコートは進化を続けるコート。言うならばTOYOTAのランドクルーザーように。

<fabric>

表地は、よりWOOLの糸を限界まで強撚しヘビーに使用しても糸が出にくく、高密度になることで厳しい環境化でも風を通さず着る人の体温を奪われない。また、力強く編み込まれたヘビーツイルは、適度に綾の感覚を開けることにより生地スムーズにドレープし、厚地な生地なのに動きを妨げることはない。

<pattern make>

先代モデルより肩のデザインはセットインからラグランスリーブで変更され、今期モデルは袖下から脇腹に剥ぎを一枚入れることにより、腕を上げるアクションをより快適に実現した。

<liner>

フード内側まで張り巡らされた柔らかなボアは首から耳元まで優しく包んでくれ、まるで寒い冬の日の決して手放すことのできない寝室の毛布のよう。

<detail>

先代モデルから継承されている胸にあるハンドウォーマーポケットのポケ袋には、かじかんだ指先をそっと温めてくれるマイクロスエードの”ヒートポケット”を継続採用している。そして、今モデルより新たに採用された右フロントポケットには、モバイルフォーンへすぐにアクセスできるように専用ポケットを配置し、急な着信でも慌てず落ち着いて対処できる

名称未設定-44

名称未設定-1IMG_7191IMG_7186IMG_7179IMG_7161IMG_7195IMG_7152